大和撫子とはどんな女性のこと?やっぱり大和撫子が好き!

日本女性ならではの美しさを例える時に良く使われるのが、大和撫子。

大和撫子とはどんな女性で、いつから、なぜそう呼ばれるようになったのか。

その歴史や文献から紐解きます。

 

大和撫子とは?

 

大和撫子のイメージはこんな感じではないでしょうか。

 

控えめでおとなしい。一歩下がって男性を立てる。

黒髪や白い肌、というイメージもありますね。

和服を自分で着れて、似合う、着こなしている。

自分の中に芯があり、凛としている。

 

 

ちょっと古風で現代の価値観にはそぐわない、と仰る方もいると思います。

控えめで一歩下がる・・というのは、完全に男性目線かと思いますが・・・

 

いつから日本女性=大和撫子ということを言われ始めたのでしょうか。

 

まず、広辞苑で「大和撫子」を引いてみます。

 

①ナデシコの異称(季・秋)

②日本女性の美称

 

とあります。

他の辞典では、

日本女性の例えで、見かけはか弱そうだが心の強さと清楚な美しさを備えている

ともあります。

 

では、日本女性に大和撫子という呼び名がついたのはいつ頃か?

というと、すでに、奈良時代頃にはあったようです。

それが分かるのが万葉集です。

 

万葉集は、現存する日本最古の和歌集といわれ、身分の高い天皇や貴族から一般人の和歌を集めたもの。

新元号も万葉集が基になっていますね。

 

その中に収られている作品中、26首にナデシコの花が出てきます。

 

例えば

愛(うるは)しみ 我が思う君は なでしこが 花になそへて 見れど飽かぬかも」(大伴家持)

※意訳:ご立派と思う我が君は、美しいナデシコの花に見立てて、いくら見ても見飽きることがありません。

 

 

その後の古今和歌集にも、ナデシコはでてきます。

 

あな恋し 今も見てしが山がつの 垣穂に咲けるやまとなでしこ

※意訳:ああ、恋しい、今も逢いたい、山里の家の垣根に咲いている大和撫子のように愛しいあなたに

 

 

ここで分かるのは、ナデシコの花=愛しい女性の姿に重ねていること。

この美意識は、貴族やインテリの間で定着し始めていたようです。

 

ただ、奈良時代の和歌に登場はしてはいるものの、この時代はまだ一般的なイメージとして日本女性の美=大和撫子とは認識されていないようです。

 

 

なぜナデシコの花なの?

 

その時代、他にもきれいなお花は沢山あったのに、何でナデシコだったのでしょうか?

 

見た目の美しさなら、牡丹、芍薬、百合だって良いわけで。

(立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花・・・と言いますしね)

 

ところで、ナデシコはこんなお花。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンク色のお花の形がかわいらしいですね。

茎などは華奢。

バラや牡丹などと比べて派手ではないけれど、楚々としていかにも日本人好みのお花です。

 

カワラナデシコ、ヒメハマナデシコなど日本はもちろん、世界中に何百種類とあります。

実は、カーネーションも同じ仲間。

 

ナデシコによく似たお花でセキチクというお花があります。

これが平安時代頃、中国から日本に伝わったそうで当時の呼び名が「唐撫子(カラナデシコ)」。

中国大陸から伝わったものは「唐もの」として大事にされていました。

 

それに対して日本に自生してたカワラナデシコをヤマトナデシコと呼ぶようになったそうです。(日本=大和)

 

 

枕草子ではこんな一文もでてきます。

草の花はなでしこ、唐のはさらなり、やまとも愛でたし

意訳:草の花といえば撫子。唐(中国)のものは言うまでもないが大和(日本)のものも、とても立派である。

 

とあります。

派手でもなく、どこかにそっと寄り添ってくれるような何気ない美しさに惹かれていたのではないでしょうか。

 

 

さらに、江戸時代ともなるとナデシコ園芸ブームが到来します。

 

交配により様々なナデシコが作られたようです。

秋の七草として数えられるくらいですから、日本人はこのお花が本当に好きなんでしょう。

 

 

私はナデシコ、好きです。

細い枝がか弱そうなんだけれども、割りと強めの色で何気に主張してるし、お花のカタチもキレイ。そして、ことのほか長持ちする。

茶花なんかで活けても良いですね。

飾るだけで和の雰囲気になるし。一輪挿しでマンションの洋室にも合います。

 

日本人女性=大和撫子?

 

時代の変化とともに女性の美の価値観も変わってきました。

鼻筋が通っている、豊かな黒髪、切れ長の目など容姿に関するものもあれば、知性に優れているとか芸道のたしなみが身についているなど、内面的な部分もフィーチャーされるようになってきました。

 

 

そして、現在のように日本女性の美しさを大和撫子という言葉で例えられたのは明治以降のようです。

 

明治、大正、昭和と、社会における女性の存在が少しずつ変わって、考え方も価値観も変わった時代。

まだまだ男尊女卑の価値観が通用していた時代において、男性目線の大和撫子像がつくられていきました。

 

それは、夫を立て、良き妻、良き母となり家を守り内助の功で家族を助け、貞節を守り男性に従い、慎み深く他人を優先し、礼儀正しく控えめで奥ゆかしい・・・

 

確かに、こんな女性は立派です。

 

時代の流れ、と言えばそれまでですが・・・。

結局、それは男性にとって都合の良い、扱いやすい女性像なのではないかと私は感じます。

 

戦争に向かう時代です。

時代の流れで、日本女性はかくあるべき、というイメージが利用されてきた面もあるのでしょう。

 

女性は子を産み、男性を助け、国を助けるものだ!女性は大和撫子であれ!とスローガンのように使われてきました。

そうでない女性は、はしたなくて常識がない、品位に欠けるなんてレッテルを貼られてしまう時代でした。

 

 

時代とともに変化してきた大和撫子ですが、現代はどうでしょうか?

 

戦中にあったような大和撫子像・・・「夫を立て、良き妻、良き母となり家を守り内助の功で家族を助け、貞節を守り男性に従い、慎み深く他人を優先し、礼儀正しく控えめで奥ゆかしい」

こういう大和撫子像も良いとは思います。

 

でも、時代は変わりました。

 

私は、理想の大和撫子像とは、押し付けられた「大和撫子の固定観念」にとらわれず、自立し、自由に生きる女性だと思います。

女性は賢く、強く、優しいのです。

美しい生き方を目指す心が美しい姿をつくると信じています。

 

 

日本人は古よりナデシコの花の美しさに心惹かれ、愛してきました。

強い香りの百合やバラ、見た目も派手な牡丹などではなく、野や、川原なんかで風に揺れて優しく空気が和らぐようなナデシコに日本女性の面影を重ねていたのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、ナデシコの花言葉は

純愛、無邪気、可憐、貞節」。そして、

才能、大胆、快活」ですって。

やっぱり女性は良いなぁ!これは大和撫子、モテるわけだ。