七夕のルーツとは?

7月7日は七夕です。

日本では年間に5つの節句があり、七夕はその一つです。

七夕は、お裁縫や芸事、詩歌、文筆が上達するように、、、と織姫星に願いを掛ける行事です。

 

七夕のルーツとは?

 

七夕のルーツは古代中国にあり、宮中で行われていた「乞巧奠(きっこうでん)」がもとになっているといわれています。

 

乞巧(きっこう)とは、技巧を授かれるよう願うこと。

奠(でん)とは神仏にお供えする。という意味です。

 

当時の技巧といえば、字が美しくなること、手先の器用さ、和歌・文学などの教養や芸能、日常の家事のことでした。

 

乞巧奠は、神様にお供えものをして自分の技術の上達をお願いする行事でした。

そこに、はた織や針仕事を司る織姫星と労働を司る彦星の逢瀬の物語がくっつき、七夕のルーツとなりました。

 

乞巧奠の日、宮中ではお酒や果物、菓子などと共に五色の糸を通した七本の針や布などを供えて、織姫に裁縫や和歌、音楽などの上達を祈りました。

 

日本に乞功奠の行事が伝わったのは、奈良時代といわれています。

江戸時代になり、女性の裁縫や芸事の上達、教養の向上、無病息災を願う七夕の行事として庶民の間に広がりました。

 

 

七夕の笹にはさまざまな願いを込めて飾り付けをします。

折り鶴、吹き流し、巾着、紙衣、くずかご、網飾りなどを和紙でひとつづつ手作りして飾ります。

それぞれに、裁縫の上達、文字の上達、長寿、豊漁、金運などの願いが込められています。

 

短冊に書くと良いお願い事は、物が欲しい!というお願い事よりも、習い事やスキルアップなど女子力アップをお願いすると織姫が叶えてくれるかもしれませんよ!

 

 

 

ところで、今は紙の短冊ですが、昔は短冊ではなく「梶の葉」7枚に願い事や詩歌をしたためてお供えしていました。

 

梶(かじ)の葉に、天の川を渡るための船の「舵(かじ)」の言葉が掛けられています。

その梶の葉に、芋の葉の露で摺った墨で歌をしたため、硯、筆などをそえて学芸の上達を願いました。

 

現在でも、はた織で有名な京都西陣近くにある北野天満宮では、旧暦七夕の日(新暦8月)に硯と梶の葉を添えて供える神事、御手洗(みたらし)祭りが行われます。

⇒北野天満宮の御手洗祭り

 

 

学問の神として有名な菅原道真公が愛用したといわれている「松風の硯」をはじめ、角盥(つのだらい)水差し、梶の葉7枚、茄子・胡瓜などの夏野菜や、そうめん、御手洗団子をお供えします。

 

大人になるとこのような伝統行事とは縁遠くなってしまいますが、ちょっと思い出してみると懐かしく温かい気持ちになると思います。

ぜひ、ご自宅でもそうめんを食べるなどして、七夕を思い出してみてください。