仏教の作法、食事五観文とは?

仏教では、食事をひとつの修業と捉えています。

 

僧侶の食事作法の一つで、食事も大事な修行なのだそうです。

宗派により違いはありますが、大事なお食事の心得を5つの簡潔な文言で唱えます。

 

それが、「食事五観文(しょくじごかんもん)」です。

五観の偈(ごかんのげ)」とも言うそうです。

 

主に禅宗において食事の前に唱えられる文言。食事訓ともいわれるものです。

 

わたしたちが普段、これを唱えることはしません。

しかし、つい忘れてしまいそうになる大事なことを分かりやすくストレートに教えてくれています。

 

これが食事五観文です。

 

食事五観文

一には、功の多少を計り、彼の来処を量る。(ひとつには、こうのたしょうをはかり かのらいしょをはかる)

意訳:この食物が食膳に運ばれるまでには、幾多の人々の労苦と神仏の加護によることを思って感謝いたします。

 

 

二には、己が徳行の全欠をはかって供に応す。(ふたつには、おのれがとくぎょうの ぜんけつをはかって くにおうず)

意訳:自分の行いが尊い生命と労力でできた食を頂くに値するものであるか反省し、この食物を頂くことを過分に思います。

 

 

三には、心を防ぎ、過貧等を離るるを宗とす。(みつには、しんをふせぎ とがとんとうをはなるることをしゅうとす)

意訳:心を清らかにし、誤った行いを避けるために三毒である貧(貪り)、瞋り(いかり)、痴(おろか)の三つの過ちを持たないことを誓います。

 

四つには、まさに良薬を事とするは形枯を療ぜんが為なり。(よつには、まさにりょうやくをこととするは ぎょうこを りょうぜんがためなり)

意訳:まさに、食は良い薬であり、身体を養い、健康を得るためにいただきます。

 

 

五には、道業を成せんが為に、将にこの食を受くべし。(いつつには、どうぎょうをじょうぜんがために まさにこのじきをうくべし)

意訳:仏の道を実践するために、この食事をありがたくいただきます。

 

 

 

今は、いつでも好きな食べものや温かい食べものが簡単に手に入ります。

 

しかし、

目の前の食事がどのようにして運ばれてきたか。

どうやって作られてきたか。

どのくらいの人が関わってきたのか。

 

そんなことを考えるとお食事の捉え方が少し変わってくるように思います。

 

お食事がただお腹を満たすだけの行為ではなく食材への感謝や敬う気持ち、生かされているという謙虚な心を教えてくれるんですね。

 

 

実は茶道においても、日々の稽古や茶事の稽古の折にはこの教えが大事にされています。

茶は薬、茶の道は修行ということも言われます。

人をおもてなしすること、逆にもてなされること。そのすべてが人間力を高めてくれる修行です。

 

お食事は、ただ食材を体に入れることではなく、心と体を健康で丈夫に保つためのものということを教えてくれます。

仏教には、そのことに気付かさてくれるありがたい教えがありました。