菅原道真の伝説と有名な和歌「東風吹かば・・・」

梅の花をよんだ和歌といえば、有名なこの一首。

作者は菅原道真。

 

東風吹かば にほいおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ

意訳:東風が吹いたら(春が来たら)芳しい花を咲かせておくれ、梅の木よ。大宰府に行ってしまった主人(私)がもう都にはいないからといって、春の到来を忘れてはならないよ。

 

この和歌の背景

時は平安時代。

 

藤原時平との政争に敗れて、遠く大宰府へ左遷されることとなった延喜元年(901年)。

京都にある屋敷の梅の木・桜の木・松の木との別れを惜しみ、特に大好きだった梅の木に語りかけるように読んだのがこの歌です。

 

 

自分が手塩にかけた梅の木を京都へ置いていかねばならない寂しさ、それだけでなく生きて戻れるか分からない自分の運命への悲哀も感じられます。

 

菅原道真の生涯は波乱万丈でした。

 

幼少の頃より神童とうたわれ、文武両道に秀でた才能の持ち主でした。

幼い頃に作った漢詩があります。それが、こちら。

 

月夜見梅花(げつやにばいかをみる)
月輝晴如雪(月の輝きは晴れたる雪の如し)
梅花似照星(梅花は照れる星に似たり)
可憐金鏡転(憐れむべし 金鏡のめぐりて)
庭上玉房馨(庭上に玉房の馨れることを)

 

 

意訳:今夜の月の光は、雪にお日さまがあたった時のように明るく、その中で梅の花は、きらきらと輝く星のようだ。なんて素晴らしいのだろう。空には月が輝き、この庭では梅の花のよい香りが満ちているのは。

 

この詩は11歳のころにお作りになったそうですよ。

なんと情緒豊か!

 

 

道真の才能は政治にも発揮されることになりますが、時代の流れで翻弄されることとなります。

政治の中心であった京都から地方の大宰府へ流されることになり、不遇のままその生涯を閉じたといわれています。

 

 

その道真の心にあって、その魂を癒していたのが梅の花。

 

東風吹かば・・・の和歌が有名ですが、以外と知られていないのが「飛梅伝説」です。

 

道真の飛梅伝説とは?

 

左遷されてしまった道真。

あとに残された桜、梅、松。

 

道真を慕う庭木のうち、桜は、主人が遠い所へ去ってしまうことを知ってからというもの、悲しみのあまり、みるみるうちに葉を落とし、ついには枯れてしまったという。

 

しかして梅と松は、道真の後を追いたい気持ちをいよいよ強くして、空を飛んだ!

 

ところが松は途中で力尽きて、摂津国八部郡板宿(現・兵庫県神戸市須磨区板宿町)近くの後世「飛松岡」と呼びならわされる丘に降り立ち、この地に根を下ろした。

 

一方、ひとり残った梅だけは、見事その日一夜のうちに京都から主人の暮らす太宰府まで飛んでゆき、その地に降り立ったという。

 

そしてその梅こそが、現在も太宰府天満宮にある樹齢1000年を超すといわれている梅の木です。

その名も「飛梅」という。

 

これが菅原道真の飛梅伝説です。

 

 

 

この木は道真の意を汲んでか、太宰府天満宮の境内のどの梅よりも先に花を咲かすのだそうです。

この樹齢1000年を超える「飛梅」はご神木として大事にされています。

 

■創建 延喜19年(919年)

■主祭神 菅原道真公

■所在地 福岡県太宰府市宰府4-7-1

■最寄りの駅  西鉄電車「太宰府駅」

 

太宰府天満宮のホームページ

 

梅の良い香りに包まれながら、可憐な梅の花を見に行ってみてください。

その際はぜひ、「東風吹かば・・・」の和歌を思い出してみては?

ちえ蔵
  • ちえ蔵
  • 1979年宮城県生まれ。10代の頃より日本文化に魅了され、特にきもの愛が止まらなくなり和裁士となる。30歳で経験した極度の体調不良により健康や食の大事さに気付く。現在は、日本古来の食養生を多くの女性に伝えるため活動中。趣味は三味線を弾き唄うこと。愛猫家。猫グッズには目がない。

PAGE TOP