春はなぜイライラしたり、不安になるの?

人間は環境の変化を受けやすい生きものです。

暑い、寒いなどという気候の変化、自分の状況の変化、人間関係の変化、世の中の動きなど、、、とにかく外からの影響を受けやすく、流されやすいものです。

 

そして、春という季節は、ほかの季節に比べて変化の大きい季節です。

仕事、学校などで自分の環境が変わり、常に平常心を保とうとしても、自分の意志とはうらはらに気持ちがふわふわしたりします。

そして、理由も分からないけれどなぜかイライラ、そわそわしたりします。

 

この原因とはなんでしょうか?

まず、春という季節について理解しましょう。

 

東洋では「春」をこう考える

 

寒くて暗かった冬から少しづつ昼の時間が長くなり、太陽の力が増していきます。

冬の「陰の気」が弱くなり、代わりにだんだんと「陽の気」が強くなり、万物が新しく生まれ育つというのが、春という季節です。

気温の差も大きく、暖かくなったかと思うと、寒の戻りがあったり。いわゆる「三寒四温」です。

 

中医学の五行説で春は「肝(かん)」に属する季節です。肝の役割は、血を蓄え、気を全身に巡らせます。

ここの働きが正常であれば気も血もスムーズにめぐり、情緒が安定しますが、春は「肝」の働きが活発になりやすい季節と言われています。

原因は、春の気温の変化や環境の変化、花粉症などの体の変化。

 

つまり、内外的なストレスです。

内外的ストレスにより、気・血がうまく巡らなくなり、自律神経のバランスを乱すことになります。

そのため、イライラしたり、怒りっぽくなったり、不安になったり、のぼせ、めまい、不眠などの症状が出やすくなります。

 

それだけではありません。

 

春にはよく強い風が吹きます。

東洋医学では、この人の心身に悪い影響を与える風を「風邪(ふうじゃ)」といって、気を付けるべきだといっています。

花粉症やPM2.5などの環境汚染物質も「風邪(ふうじゃ)」による病気と考えられています。

 

春は特に「風」が引き起こす風邪(ふうじゃ)の影響が強く、それが体に侵入し、体調を崩しやすい季節ともいわれているのです。

風邪は、上半身の症状として現れることが多く、水っぽい鼻水、頑固な鼻づまり、頭が熱っぽく思い、目の充血、顔面のかゆみなどの症状が出やすくなります。

 

春のイライラ対策

 

まず、「肝」の働きを落ち着かせます。

 

過剰になった「肝」を落ち着かせるには、ストレスを発散させることが一番です。

 

ストレスを発散すには、好きなことをする。

映画をみたり、自然を感じに海山へ行ってみたり、お買い物を楽しんだり、美味しい食事をしたり、たわいもない会話をたのしんだり、、、と自分の好きなことをできるだけしましょう。

 

体を動かすことも必要です。

作業の間にかんたんなストレッチをこまめにしたり、休憩の時間に出られるのであれば外に少し出て歩く、など上手に生活のなかでストレスを発散する時間をつくってみてください。

 

 

次に、ストレス発散が上手にできた人は「肝」を養ってあげましょう。

 

徹夜や夜更かしはできるだけしないようにして、早寝早起きを心掛けてください。

「陰」を補うためです。

 

食養生するなら、春が旬のものをとってください。

たけのこ、たらの芽、ふきのとうなどの春野菜がおすすめ。

あくが強く、ほろ苦い春野菜には、解毒作用があり「肝」の機能を助けます。

 

さらに、三つ葉、セロリ、春菊など香りの強いものや、ジャスミンやハッカのハーブティーも積極的にとりたいですね。

この食材には、「気」の巡りを良くして精神を安定させる効果がありあます。

ちえ蔵
  • ちえ蔵
  • 1979年宮城県生まれ。10代の頃より日本文化に魅了され、特にきもの愛が止まらなくなり和裁士となる。30歳で経験した極度の体調不良により健康や食の大事さに気付く。現在は、日本古来の食養生を多くの女性に伝えるため活動中。趣味は三味線を弾き唄うこと。愛猫家。猫グッズには目がない。

PAGE TOP