節分とは?知っておきたい日本の伝統行事

2月3日は節分です。

この日は家族や学校、職場などで豆まきをしたり、恵方巻を食べたりします。

「立春大吉」と書かれたお札を貼ったり、イワシや柊を玄関にかけたりするお宅もあります。

 

なぜ節分というのか?

 

実は、節分は年に4回あります。

季節の変わり目にあたる立春、立夏、立秋、立冬の前日はすべて節分です。

 

つまり季節の分かれ目、節目(ふしめ)ということ。

なかでも、春の節分の日は一年の中でも大事な日とされています。

 

というのも、旧暦のお正月がちょうど立春のころに訪れるからです。

今も旧暦を重んじる中国では立春の日を「春節」として、新暦の正月以上に盛大に祝います。

 

新しい一年の始まりの春に移っていく大切な節目の日が、2月3日の節分なのです。

 

 

豆をまく理由

 

節分には豆まきをする風習はもうおなじみですよね。

なぜ、豆をまくのでしょう?

 

今のように豆をまくようになったのは、室町時代頃と言われています。

 

この伝説がもとになっているといわれています。

 

昔々、鞍馬山には恐ろしい鬼が棲んでいたそうです。

その鬼は度々、民を苦しめていました。

困り果てた民衆たち。

 

そこに毘沙門天が現れ、7人の賢者を呼びました。

毘沙門天は「三石三斗(薬600リットル)の大豆で鬼の目を打て!」と命じ、ついに退治した

という伝説です。

 

豆という発音が「魔を滅する」=「魔滅」とか、「魔の目を打つ」=「魔目」に通じるということで鬼を退治するために豆をまく行事になったといいます。

 

さらに、焼いたイワシの頭や、柊を吊るしたりもします。

鬼はイワシを焼いた煙を嫌い、柊のトゲを恐れるので家の中に入ってこない、という魔除けのおまじないです。

 

他にも「立春大吉」というお札を張ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この文字を縦書きにすると左右対称になります。

裏から見ても「立春大吉」という文字が読めるわけです。

 

そこで、鬼が家に入ってきても、振り返ってこのお札を見た時「まだこの家に入っていなかったのか!」と勘違いして逆戻りして帰っちゃうんだとか。

 

鬼が入ってこないので一年間、災難に遭わないという厄除けのおまじないなんだそうです。

 

 

節分の日には、「鬼は外、福は内」の掛け声とともに豆をまきます。

数えで自分の歳の数(地域によっては歳より一つ多い数)だけ豆を食べて、その年の健康を祈ります。

 

 

鬼の絵といえば、角が生えて寅のパンツ(ふんどし)を身に付けていたりしますよね。

 

これは、陰陽五行の考え方によるものです。

 

丑寅(うしとら)の方角(=北東)を鬼が来る方向、つまり「鬼門」としています。

そこから、鬼は牛のような角と寅柄のふんどしを身に付けているという説が定着したといわれています。

 

昔の人は、季節の変わり目には「鬼」が出ると信じてきました。

丑と寅の季節は冬と春の変わり目です。

体調を崩しやすく精神的にも揺らぎやすいので、注意が必要な時期という警鐘の意味もあったのだと思います。

 

 

 

日本人と鬼

 

日本人は古くから鬼を信じてきました。

日本の童話にも悪役としてよく出てきます。

 

「隠(おん、おに)」に通じるということで、隠れて災いをもたらすのが「鬼」という説もあります。

 

古来日本では、病気や災害などは邪悪な存在=鬼がもたらすものだ、と考えられていました。

祈祷や念力、神通力の効力があるとまことしやかに信じられていた時代のお話です。

 

今ほど医療が発達していない時代、病や飢饉は人々のすぐ隣にありました。

疫病や日照り、水害など自然災害は人智の超えた存在がもたらす災いだと考えられていたんですね。

子供が生まれても、3歳まで生きられないとか悲しい、不条理なことも多くありました。

 

現代のような特効薬もないし予測も対策もできない時代ですから、ただ祈ることや神仏を信仰することしかできなかったわけです。

 

日本の伝統行事や風習は、健康や長寿、厄除けの祈りを込めたものが多いのは、こうした時代背景や人々の思いがあったからです。

豆をまくことには、昔の人たちの切実な祈りが込められているということなんですね。