【12月8日茶道体験】今日ようやくスッキリできました!

12月8日、二十四節気「大雪」の次の日。

冬の気配の中、釜の湯気がしゅんしゅんと音を立てて生徒様をお迎えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日のお菓子は「木枯らし」「さざんか」。

 

 

 

床の間のお花は紫苑です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は2名の生徒様にご参加いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ずーっと気になっていた茶道、このタイミングでやってみたい

・茶碗の底に抹茶がダマになって溜まるので、それを解消したい

 

 

 

などなど、動機はそれぞれですが、茶道や抹茶に対する特別な想いをもっておられます。

 

お母さまやお祖母さまが茶道や伝統文化の先生だった、お父様が伝統工芸の職人だった、など育った環境で何かしら和文化に見たり触れてきたけど、現在は縁遠くなってしまった。

 

でも、なぜか気になってしかたがない、、。

 

逆に、和文化に全く触れたことがなくて、現在まできたけど、最近ふと学んでみたくなった、、、。

 

と仰る方、本当に多いんですよ。

 

 

ちょっと分かる気がするんですよね。

私が思うに、和文化ってあまりにも自分の生活に馴染みすぎているからこそ、当たり前になっていたり知ったつもりになっていたりするんです。

 

でも、いざ、学んでみると深くて広い世界が広がっていることに気づくんです。

で、あ、これは一朝一旦ではダメだなと。腰を据えてじっくり学ぶべきだな、と思うんですね。

 

そうすると、もう深すぎて、というか一つのことにとどまらなくて、どんどんつながっていって総合的に知りたくなってくる。

 

それで、次から次へとギモンが沸いてきて、調べたくなっちゃう。実物を見たくなっちゃうんです。

 

 

その度に「日本人ってスゴイ!」って驚嘆するんです。

だからハマっちゃうんですよね。

 

何かを始めるのに遅いということはありません!

 

和文化、メチャクチャ奥が深いです。だから一生かかります。

な~んか、気になっていた、、という方は、今がそのタイミングです。できるんだったら絶対、やってみた方が良いです。

 

モヤモヤしていたものが「スッキリ」します。

何かになっても、何もならなくても、その体験は貴重ですから。

 

茶道のことが気になっている方はぜひ、こちらで「スッキリ」体験してください