感性を磨く雨のなまえ

突然ですが、あなたは雨はお好きですか?

 

私はあまり好きではありませんでした。

前までは。

 

五月雨(さみだれ)、時雨(しぐれ)など、日本人は降る雨に名前をつける文化があります。

私はその日本語の雨の名前の豊かな表現や響きに感銘を受け、今ではうざったい雨も好きになりました。

 

 

日本語の雨の名前は300語とも、400語とも言われています。

世界の他言語では見られません。

 

英語でも雨の表現はいくつかあります。

例えば、

「霧のような雨」:misting
「パラパラ雨」:drizzling(ドリズリング)
「通り雨」:passing shower(パッシング・シャワー)
「夕方にさっと降る雨」:evening shower(イヴニング・シャワー)
「大雨」:heavy rain

 

英語の雨の表現は50種類位あるそうですが、雨はやはりrainですね。

日本語のように季節や降りかたによって表現を変えることはあまりないようです。

 

日本語の雨の表現にはその字面も響きもとても美しく、日本人の繊細な美意識が感じられます。

日本人の美的感覚は繊細で知的で文化的。

 

その中から代表的なものを8つ、ご紹介します。

 

 

①梅雨(つゆ)

 

梅雨は、中国長江流域から朝鮮半島南部、そして日本にのみ見られる独自の気候です。

日本列島では5月から6月に梅雨入りをし、7月ころまでに梅雨が明けます。

 

旧暦では、「芒種」の後の最初の壬(みずのえ)の日を梅雨入りとしました。

この頃ちょうど梅の実が熟すことから「梅雨」と呼ばれるようになりました。

 

同じころ、栗の花が散ることから「墜栗花(ついり)」という文字を当てることもあります。

栗の花、こんなお花です。都会ではめったに見掛けません。

 

 

②五月雨(さみだれ)

6月~7月にだらだら降り続く雨で、梅雨と重なります。5月と書くのは、この時期が旧暦5月に当たるからです。

五月雨の「さ」は、「皐月」や「早苗」などと同様、神に捧げる「稲」の意味があり、「みだれ」は「水垂れ」とも書きます。

ちょうど田植えが終わったころの雨です。

有名なのは芭蕉の句ですね。

「五月雨を 集めて早し 最上川」 (さみだれを あつめてはやし もがみがわ)

 

③翠雨(すいう)

初夏、木々の色鮮やかな青葉をより引き立てる雨。

 

④分龍雨(ぶんりょうのあめ)

現在の6月、旧暦5月に降るにわかの大雨。

その激しさは、龍の体をも分かつほど、と考えられました。

 

⑤神立(かんだち)

神様が何かを伝える雷、雷鳴を指す言葉。

その雷とともに降る夕立のこと。

 

⑥喜雨(きう)

長い日照りの後に降る喜びの雨。

「慈雨」ともいいます。

 

⑦狐の嫁入り

晴天なのに、パラパラと気まぐれに降る雨のこと。

狐に化かされたような不思議な雨のこと。

 

⑧卯の花腐し(うのはなくたし)

晩春から初夏にかけて降る長雨のこと。

この頃咲く卯の花が腐ってしまうほどの長雨のこと。

 

 

いかがでしたか?

 

確かに雨は雨なんですが、日本語の表現を知れば知るほど「今日のこの雨も良いものだな。」と感じます。

 

わたしたちは雨の恵みに潤され、雨と共に生きてきました。

 

今と昔では、雨の降り方も変わってきてしまいましたが、先人たちは水の恵みに感謝し、自然を尊び生活してきました。

 

生きものに欠かせない水。

天からの恵みに感謝し、ともに生きていく。そんなところから雨の名前は生まれたのだと思います。

 

その言葉の美しさは、憂鬱な雨もロマンティックな風景に換えてしまう響きをもっています。

日本という国はまさに「水の国」なのだ、ということを改めて感じます。

ちえ蔵
  • ちえ蔵
  • 1979年宮城県生まれ。10代の頃より日本文化に魅了され、特にきもの愛が止まらなくなり和裁士となる。30歳で経験した極度の体調不良により健康や食の大事さに気付く。現在は、日本古来の食養生を多くの女性に伝えるため活動中。趣味は三味線を弾き唄うこと。愛猫家。猫グッズには目がない。

PAGE TOP