産みたいなら体質改善から

妊娠すると、おなかの赤ちゃんは母体から栄養をいただいて成長していきます。

妊娠中のお食事には特に気を付けなければいけません。

婦人科でも「妊娠中は食事に気を付けて、栄養バランスの良いものを食べてください。」と言われるはずです。

 

妊娠が分かり、今日から赤ちゃんのために食生活を変えるぞ!と努力することはとても大事です。

ですが、実は体づくりは妊娠する前から始めなければいけないことをご存知でしたか?

 

今すぐでなくても、今後、赤ちゃんを望むのであればその準備をする必要があるのです。

 

なぜなら、【日常生活を健康で元気に送るための体づくり】と【赤ちゃんができる体づくり】は全然違うからです。

 

日常生活では大きな病気をせずバリバリ働いて、趣味や食事会など楽しみを過ごせる元気な体が必要ですよね。

女性ならば体型維持やアンチエイジングもしたい。

そんな健康志向が強く、美意識も高い女性のこのような食事スタイルが妊娠体質をつくりづらくしているとしたら?

 

普段から食事は野菜中心。特に生野菜サラダを好んで食べる。

ダイエットをしたいから食事制限や、豆腐など低カロリーの食事ばかり。

体型維持のために、お肉や炭水化物を抜いたり、脂を使った料理や卵を避けた食事を選んでいる。

 

一見、健康意識が高く、美容にもこだわった食事スタイルに思えます。

でも、実はこれでは栄養不足か低栄養の可能性があり、妊娠しやすい体とはいえません

 

それどころか本当はどこかに不調を感じているかもしれません。

 

頭痛、手足の冷え、不眠、疲れやすい、イライラする、生理不順、、、などといった体調不良の原因のひとつには栄養不足があります。

また、このようなプチ不調は不妊症の遠因ともいわれ、妊娠を望む女性はなるべく早く改善したいところでもあります。

 

日常を元気に過ごしてバリバリ働く体も必要ではありますが、将来、子供を望んでいるなら「妊娠体質」になることが何よりの近道です。

栄養不足を改善できればホルモンバランスが正常になって子宮や卵子の状態が良くなったり、生活不調も軽くなり体調が回復すると、妊娠に向けての準備が整ってきます。

 

だから、普段を元気に過ごせる体づくりと、赤ちゃんができる体づくりの食事は違うんですね。

では、赤ちゃんを迎えるために必要な栄養は何でしょうか。

 

おめでたごはんの基本栄養素

 

健康を維持するためにはどの栄養素も大事なのですが、妊娠体質をつくるために特に必要な栄養素がこちらです。

 

①たんぱく質

②ビタミンA・B(葉酸)・C・E

③鉄分

④亜鉛

⑤カルシウム

⑥DHA・EPA

⑦コエンザイムQ10

 

赤ちゃんを望む人は、妊娠する前から積極的に食事やサプリメントで摂ることを強くおすすめします。

この栄養をきちんとバランス良く摂ることで、ぐんと妊娠確率が上り、妊娠中のつわり軽減や貧血予防、母乳の出が良くなったりと母になる女性のためにもなります。それだけでなく、赤ちゃんがすくすく成長するために必要な栄養でもあるので、どちらにもメリットが多いのです。

 

妊娠するために必要な栄養を食事やサプリメントで整えながら、積極的な妊娠体質づくりをしていきましょう。

さらには、食事だけでなく運動、十分な睡眠、好きなことをしてストレス発散するなど、晴れ晴れとした妊活ライフを送ることも大事です。