七草粥を食べるのはいつ?種類と美味しい作り方

お正月は七草粥を食べる習慣があります。

1月7日に七草粥が食べられるようになった理由を解説します。

人日の節句

1月7日は「人日(じんじつ)の節句」です。

古代中国では一月一日から七日までを鶏、狗(いぬ)、羊、牛、馬、人という七種の生き物で占い、七日目は人を尊重する日=人日とされたそうです。

 

現代では七草粥を食べる日、として知られていますね。

 

七草粥は1月7日の朝に食べるもの。

 

この日に七草粥を食べると一年を無病息災、つまり病気やアンラッキーなことが起こらないと考えられていたからなんです。

そして、おまじないだけじゃなく、食養生の意味がちゃんとあるんです。

 

 

お正月にた~っぷりご馳走を食べた方。

毎日ずっとお酒をたくさん飲んだ方。

食べすぎて体が重い~という方。

 

七草粥はそんな方にぴったりの食養生なんです。

 

三が日が終わって、そろそろ平常に戻さなきゃと思い始める頃ですよね。

お正月明け、ちょっと胃がもたれてるな・・・消化に良いもの食べたいな・・・と思いますよね。

 

そこで胃腸を整えるために食べたいのが、七草粥なんです。

 

粥は消化が良く、効率的に栄養を摂ることができます。

そこに七草が加わり、冬に不足しがちなビタミンやカロチンなどの栄養が一緒に摂れる賢いお食事なんです。

 

若菜のもつ、ほのかな苦みが春を感じさせてくれ、食べ過ぎて疲れた胃腸を優しい滋味が癒してくれます。

胃腸にも良く、栄養も摂れるなんて昔からあるものって本当に理にかなっています。

 

とはいえ、びっくりするほど美味しいものではないので、薬だと思って食べるのが良いかもしれませんね。

 

言える?七草

 

ところで、七草、どんなものがあるかご存知ですか?

名前とともに、効能も見てみましょう。

 

nanakusa

 

 

●芹(せり)

セリ科の多年草。精を養い、血脈を整える。神経痛、痛風、リウマチに効果がある。

 

●薺(なずな)

アブラナ科の二年草。いわゆるペンペン草。煎じて、利尿、解熱、洗眼に用いられる和ハーブ。

 

●御形(ごぎょう)

キク科。乾燥したものは咳、痰を鎮める。

 

●繁縷(はこべら)

ナデシコ科の二年草。天日乾燥したものは産後の浄血、催乳に効く。

 

●仏の座(ほとけのざ)

別名コオニタビラコ。キク科の二年草。胃腸に良い。

 

●菘(すずな)

現在のかぶのこと。葉にはカロチンやビタミンを多く含み、消化促進効果がある。

 

●蘿蔔(すずしろ)

すずしろ現在の大根のこと。葉はビタミンを多く含み、大根をおろした汁は打撲ややけどに効く。

 

 

七草粥のつくり方

つくり方はとってもシンプルで簡単です。

 

①七草のなかのすずなとすずしろの身は薄切りにして、塩少々加えた熱湯でさっと茹でる。

②ほかの菜っ葉は塩少々加えた熱湯でさっと茹で、軽く絞っておく。

③お粥が炊き上がったら、味付けに塩一つまみ加えて、茹でておいた七草を入れる。

※味が薄ければ、塩昆布やゆかり、梅干しなんかを加えてみてください。

 

nanakysakayu