下半期の運気がアップする不思議な行事

夏越の祓で厄除け


 

 

 

 

 

 

6月の終わりに、神社では大きな茅の輪(ちのわ)をくぐる「夏越の祓(なごしのはらえ)」という行事が行われます。

 

この行事は、この半年の心身の穢れを清浄な茅の輪をくぐることでお祓いするもので、疫病退散、無病息災の祈りを込めた神事です。

 

 

「備後風土記」に見られる蘇民将来(そみんしょうらい)の「茅の輪」を疫病除けのしるしとした、という伝承に由来するそうです。

 

「水無月祓」「荒和(あらにこ)の祓」とも呼ばれます。

成長力が強く、薫り高い茅(ちがや)は、生命力を促し、穢れを祓う力があるとされています。

 

古くは、茅の輪を腰や首につけていましたが、時代を経て大きくなり、神社の鳥居などに取り付けるようになったそうです。

 

茅の輪くぐりのやり方

 

「茅の輪くぐり」の正式な作法は「八の字」をかくように回ります。

 

輪の前に立ち、輪をくぐって左に回り、もとに戻って一礼。

次は右に回り、もとに戻って一礼。

再び左に回り、最後に正面に向かってくぐります。

輪を三回くぐりながら、

水無月の夏越の祓する人は 

ちとせの命延ぶというなり

と唱えると良いといわれています。
(※地域や神社により違います。)

 

 

東京は赤坂氷川神社、京都八坂神社などが有名です。

お出かけの際は、ぜひ茅の輪くぐりをして半年の厄落としを、そして、次の半年に備えて無病息災をお祈りしてみてください。

下半期の運気アップするかもしれませんよ。

 

 

「水無月」

 

京都ではこの日に「水無月(みなづき)」というお菓子を食べる風習があります。

水無月は白い外郎生地の上に小豆がのった三角形のお菓子です。

この時期、だいたいの和菓子屋さんに置いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小豆は悪魔払い、三角形はうろこを模しており、厄除けの意味がそれぞれ込められています。(暑気払いの氷を模しているとい説もあり)

 

夏越の祓にあわせて水無月を食べて厄除け、無病息災を祈ります。

 

 

なぜ小豆を食べるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小豆の歴史はとても古く、解毒作用があるということから薬として重用されてきました。

 

赤という色には魔除け、厄除けの力があると信じられ、また、生命の象徴とも考えられてきました。

 

ですから小豆はお祝いの席などに欠かせないものでした。

現在でも、お赤飯にその風習は残っています。

 

食材の性質は平性。暑がりの体質の人でも寒がりの体質の人でも常食できます。

 

五行ではあずきは「心火」に属すので、食べると心穏やかにストレスを改善する効果があるといわれています。

 

 

小豆にはごぼうの3倍の食物繊維が含まれています。

さらに、赤ワインの1.5倍のポリフェノールが含まれています。

小豆に含まれるカリウムが体の中の水分代謝を良くするのでむくみ改善、下痢などに効きます。

 

 

昔から、食欲が落ちがちで、体力が落ちるこの時期には大事な栄養源でした。

 

甘くて食べやすい水無月は、栄養補給と無病息災を願う先人たちの智恵が込められた縁起の良い食べものです。

 

わたしたちもそれにならい、水無月を食べて、7月から始まる本格的な夏に備えていきましょう。

 

古くから伝わる夏の行事には、暑い夏を健やかに爽やかに過ごす智恵と祈りが込められています。