抹茶の粉っぽさを劇的に美味しくする3つの裏技

抹茶は粉っぽいし、苦いし、好きじゃない・・・

このような感想を意外と多く聞きます。

もしかしたら、こういうことで抹茶が苦手になっているのかもしれません。

・人の手で点てた抹茶ではない

・抹茶の質が悪い

・抹茶の味が薄かったり、濃かったりする

 

本来、お茶は薬でした。だから「良薬口に苦し」とも言いますが、抹茶ラテのように甘い飲み物ではありません。

ですが、抹茶のこく、うまみ、甘さ、苦み、香りの風味は五感で感じる格別のうまさです。

もし、あなたが抹茶は粉っぽいし、苦いから嫌い。と思っているならば一度、自分で点ててみられることを強くお勧めします。

 

ですが、抹茶を美味しく点てるには少しコツが必要です。

そのコツをご紹介します。

 

そして、この方法で点てると美味しい抹茶が確実に点てられます。

 

抹茶嫌いを克服する3つのポイント

 

①マイ茶筅チェック!

②お湯の量と温度チェック!

③抹茶の質と保存方法をチェック!

 

抹茶が粉っぽく感じるのは、使っている道具と、やり方にあるのかもしれません。
それと、抹茶自体に理由があったり・・・。

 

これは、点てる前の準備段階の部分での見直しポイントです。

実践編はこちらでも詳しく解説しています。

 

1.茶筅は何を使っていますか?

茶筅(ちゃせん)は抹茶を点てる道具。

これ。↓

 

もし、抹茶が粉っぽいと感じるなら茶筅が古くなっていないかチェックしてみてください。

茶筅は竹でできています。
だから、何度も使ってくると穂先が切れたり、途中で折れたり、カビたり、小さくしぼんでいったりします。

そういえばウチにあった!と探して見つけても、このような状態ではきれいな泡を点てることはできません。

慣れている人はその状態で点てることもできますが、始めたばかりという人にはちょっと難しいかもしれません。

 

ですから、自宅にあるものでやる場合は、茶筅の形や状態をまず、見てみてください。
もし、ダメそうなら買い替えの時期です。速攻、新しく買ってください。(笑)

 

茶筅には種類もいつくかあり、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

 

「〇〇本立て」「数穂」「常穂」などの種類があります。

これは、穂(細い部分)の数のことで16本~120本まであり、茶人は用途により使い分けます。

 

私が、まだ点て慣れていない人へおすすめしているのは「100本立て」の茶筅。

なぜなら、初心者の方でも細かい泡が立ちやすいからです。

 

 

 

 

 

2.お湯は適量、適温ですか?

お湯の量は50cc~60ccが美味しく点てられるお湯の量です。

抹茶が薄いとか、濃くて苦いと感じる人は、お湯の量を変えてあげると美味しくなります。

 

ちなみに、お湯の温度は高すぎると抹茶がマズくなります。

せっかくの抹茶の香りもうまみもとんでしまします。

湯温は80度くらいにしてください。

 

 

3.抹茶を質で選んでいますか?

粉っぽい、苦い、と感じている場合、抹茶の「質」によることがあります。

 

ズバリ言うと、安い抹茶は美味しくないんです。

 

安い抹茶とは・・・

いわゆるお菓子や抹茶ドリンクを作る専用の抹茶です。

 

だいたい100gで500円~800円くらいで売っているもの。「抹茶 安い」と検索すると「おけいこ用」とか、「お得用」という表示だったりします。

実際、めちゃくちゃマズいわけではないんですが、そこはやはり「おけいこ用」だったり「得用パック」だったりするんですよね。

 

大量に必要な場合は良いんだと思うんですよ。

 

でも、ぶっちゃけ、抹茶ってお値段です。

色々と飲み比べてみると、全然違うことにむしろびっくりするほど。

 

高いものは・・・やっぱり格段に美味しい。(●´ω`●)

美味しい抹茶は色もキレイだし、香りも良い。うまみ、甘み、コク、苦みなど、味に複雑で奥行きが感じられるんですよね。

 

抹茶って、作るのにハンパない手間と時間がかかるんです。

 

茶葉を茶畑で育てて、人の手で丁寧に摘んで、石臼とか機械で挽いて、ブレンドして詰めて、抹茶になります。

この手間を考えるとお値段が少々高くなるのも当たり前なんです。

 

だから、どちらが良い悪いではなく、自分がどういう抹茶を飲みたいか、ということになってくるわけです。

 

もし、まだ本当に美味しい抹茶に出会っていない人は、だまされたと思って一度、1000円以上のもの(20gくらいで)を飲んでみてください。

 

そして、抹茶は鮮度が命。

古くなると、味はもちろん、香りもうまみも甘みも飛んでいってしまいます。
開けたら1か月以内で飲み切ってください。大げさかもしれませんが、開封したら1週間以内、という人もいるほどです。

保存は冷蔵庫で、密閉した袋などに入れて保管します。

 

 

これが、抹茶嫌いを克服するための3つの改善ポイントです。

もし、「苦い」「粉っぽい」という理由で抹茶を飲まず嫌いなら、ぜひ試してください。

抹茶のイメージが劇的に変わるはずです!