浴衣の着付けで必要なグッズ

浴衣を大人っぽく上品に着こなすコツは、いかにスッキリ着るかと素っぴん感の演出です。

 

浴衣は、長襦袢をしっかり着るような着物とは違い、お風呂上りに素肌にまとっていたような衣類でした。

その素肌っぽさとか、気軽でカジュアルな雰囲気が魅力です。

 

とはいえ、衿が開いていたり、帯がゆるゆるになってると急にだらしなく見えます。

オトナの女性ならば、上品に美しく着こなしたいですよね。

まずは浴衣に必要なものを確認してみましょう。

 

浴衣に必要なもの

 浴衣 1枚
 帯 1本
  下着として肌襦袢、裾除け 1組
 紐 2本
 スポーツブラ 1枚
 帯板 1枚
 伊達締め 1枚
 バッグ 適宜
 下駄 1足

 

 

☆☆あったら便利なもの☆☆
・衿芯(えりしん)    1枚
・ばんそうこう    適宜
・足袋          1足
・扇子               1本 

まず、浴衣はお好きなものをお召しください。

帯についても、好きなもので良いです。半巾帯という細い帯が結びやすく、ラクです。

 

 

 

もし、半巾帯以外を締めたい場合は名古屋帯ですが、結び方はちょっと複雑。帯締めと帯揚げも必要になります。

カジュアルに着たい場合は、半巾帯でおかしくありません。

 

 

下着に関しては、「肌じゅばん+裾よけ」または、「スリップ型」「肌じゅばん+ステテコ」をご準備ください。

 

特に必須なのが、下。

お尻の形やショーツのラインが出てしまうのは、裾よけをつけていないことが原因です。

 

裾よけという巻きスカート型のような下着か、ズボン型のステテコを必ず着てください。

ステテコのメリットは、足さばきがよくなること。

 

肌着と裾よけが一体になったのが着物スリップ。こちらでしたら、一枚で済むかので手間がかからず簡単に着れますね。

 

何を選んでも良いです。

呉服屋さんや着物を扱うネットショップで1500円~3000円ほどで買えますので、ご準備ください。

 

ついでに、スポーツブラのことも。

普通のブラジャーだと、盛ったり高さを出したり、という機能がありますよね。

これをそのまま付けて和服を着てしまうと、帯の上の部分におムネが乗ったり、衿の辺りが崩れて着やすかったりと、上品に美しく着こなすには断然スポーツブラです。

 

和服で美しく見えるのは、意外にも寸胴(ずんどう)です。

胸やウェストなどの凸凹をなくして平らにすることがキレイに見えるコツです。

着崩れも少ないし、これなれ感も出ます。

 

 

 

補整は必要なの?とよく聞かれます。

補整は、タオルや脱脂綿などを使って着姿がきれいになるように土台を作ること。

 

わたしは、あまり補整はしない主義ですし、不要だと思っています。

なんたって、暑いですからね (;^ω^) ウェストに何枚もタオルを入れて過ごしたら、あせもができてかゆいです。

 

だから、着にくそうだな~、とか着崩れしやすいだろうな~と感じた方にしか補整はおすすめしていません。

 

浴衣をすっきり着るコツ

 

さて、あったら便利なものリストに衿芯があります。

これは、浴衣以外の着物を着る時に、長じゅばんの衿に入れて使います。

衣紋(えもん)という後ろ衿の部分がキレイに抜けます。

 

ペラペラしていたり、堅い布のようなものでできていて、長細いです。

 

 

 

浴衣は、長襦袢を着ないことが通例なのでそのままだと衿が「ぐちゃっ」となりやすいんです。

そこで、衿芯を浴衣の衿の内側入れると、後ろの衿がきれいにカーブして衣紋がすっきり抜けます。

 

浴衣美人は、うなじ美人。

うなじがキレイだと素肌っぽさが際立って、より色っぽいです。

 

そして、女性らしい魅力を何倍も魅力的にするには、まず着付けや気姿がきっちりしていること。

きちっとした姿から、のぞく指先足先、うなじにドキッとしちゃうんですよね。そのギャップが色っぽいんです。

 

●衿合わせは開かないように、ぴっちり合わせること。

●裾が開かないように、裾すぼまりになるように着付けること。

●自分の体にあったサイズの浴衣を着ること。

 

これがオトナの女性の、浴衣を美しく上品にスキッと着るコツです。

 

浴衣って、誰でも意外とかんたんに着れちゃいます。

だからこそ、着姿や着付けだったり、細部を魅せる努力って必要だったりします。

 

※ばんそうこうは、すり剝け対策など念のために。