抹茶が泡立たない!と嘆く前に

「先生、抹茶の泡が立ちません!どうしたら良いですか?」

こんな相談を良く受けます。

確かに、きめ細かくクリーミーな泡の方がなんとなく見た目もキレイで美味しそう・・・

 

初めて抹茶を点てる場合は、茶筅も使い慣れていない上手く振れないので難しいかもしれません。

でも、あるコツをつかめばふわふわでクリーミー泡の抹茶を点てられるようになります。

これから茶道経験者しか知らない、ふわふわ泡の抹茶を立てるコツを解説します。

 

これが抹茶の泡を上手く立たせるコツ!

 

ふわふわクリーミーな泡抹茶のコツは3つ。

 

①抹茶と湯温、湯量

②抹茶の下準備

③茶筅の動かし方

 

この3点を守れば、誰でも抹茶の泡は作れます。

 

①抹茶と湯温、湯量

 

我流で茶を点てていると、本当にこれで良いのかな?と思う瞬間があると思います。

抹茶がマズくなる人の大半は、茶の量が少なく、お湯の量が多いです。これだと味も薄く、泡も立ちづらいです。

 

そこで、毎日抹茶を点てている私が、本当に美味しい!と思っているレシピをご紹介します。

もちろん、ご自身のお好や体調によって変えていただいてOKです。

 

それが、これ!

ふわふわ泡のお抹茶レシピ

抹茶の量は2g

●お湯の量は50cc~60cc

●お湯の温度は80℃

 

【解説】

・2gはだいたいティスプーン1杯ほど。

・お湯はメジャーカップがあると便利です。面倒ですが、慣れないうちは測ってみてください。

・湯の温度は、80℃がうまみを感じられる温度です。沸騰したてであつあつのお湯で入れるより味も香りもダントツに違います。

 

 

②抹茶の下準備

 

抹茶のほとんどは、缶に入った状態で売られています。

すぐに使いたくなるのですが、ここでひと手間かけることで劇的に美味しく点てることができることをご存知でしょうか?

 

そのひと手間こそが、抹茶をこすことです。

 

何だそんなことか。と思ったでしょ!?

 

でも、これ知らない人多いんですよ。そして、このひと手間、超大事!

茶道を習っている人は必ずしています。

 

その理由は、抹茶の底たまりを防ぐためと、スムーズに溶かすため。

 

抹茶をこすことで、茶碗の底に抹茶が溜まりません。

この抹茶のダマダマが口に入ったとたん、急にマズく感じます。

 

そして、全体的にスムーズに素早く溶けるので、茶筅を何度も振らなくてもキレイにお茶が点てられます。

結果、泡も立ちやすくなります。

 

 

③茶筅の動かし方

 

茶筅とは、茶を点てる道具。竹でできています。穂先の本数により、見た目や大きさ、用途、金額も違います。

点て慣れない人は、「100本立て」というものがおすすめです。

 

茶筅の動かし方のコツは、ぐるぐる回さないこと。

泡立てるというイメージから、ぐるぐる回したくなってしまうのですが、むしろ、上下のイメージです。

よく、「M字」に動かしてと言ったりする人もいます。

 

多くの人はこの動きになれていないので、最初は腕に力が入ってうまく茶筅を振れません。

 

 

まず、茶筅を振るときは力を抜いて手首を柔らかく使うこと。

そして、できるだけ早く、茶碗の全体の面を広く触れるように、大きく茶筅を振ってください。

 

ラストはお茶の上の方(上澄み)のあたりを優しく素早く、撫でるように茶筅を振ります。

そのまま、ひらがなの「の」の字を茶碗の中で描いて、すっと上に引き上げます。

 

 

この点て方をマスターすると、気泡の少ないきめ細やかでふわふわの泡のお抹茶が点てられるようになります。

見栄えもしますし、何より美味しい

お客様にお出ししても恥ずかしくないお抹茶です。

 

抹茶の泡がうまくたたないからマズイ、と思っている人は多いようですが、茶道では泡立たせる流派とそんなに立たせない流派があります。

だから、正解・不正解もありません。

好きな方で良いと思います。

 

 

どうしても自分ではできない!という方は・・・

 

文章だけでは難しい・・という方はなでしこべっぴん塾の茶道教室にお越しください。

実際に点てる練習を心行くまでできますので、初めてでもクリーミーな泡の抹茶が点てられるようになります。

 

 

最後に・・・抹茶の泡は流派により違います。表千家流はあまり泡を立てないですし、裏千家流は泡立てることが多いです。
だから、泡にこだわらなくても美味しくいただけますのでご安心を。

ちえ蔵
  • ちえ蔵
  • 1979年宮城県生まれ。10代の頃より日本文化に魅了され、特にきもの愛が止まらなくなり和裁士となる。30歳で経験した極度の体調不良により健康や食の大事さに気付く。現在は、日本古来の食養生を多くの女性に伝えるため活動中。趣味は三味線を弾き唄うこと。愛猫家。猫グッズには目がない。

PAGE TOP