ひな祭りはいつ?何を食べる日?その由来とおすすめの楽しみ方

3月3日は「ひな祭り」。

女の子のお祭りですね。

子どもの頃は雛人形を飾ってお祝いしたという方も、もしかすると大人になってからは縁遠くなってしまう方も多いのでは?

 

私の実家には、お内裏様とお雛様だけの小さな雛飾りがありました。

友達の家に行くと、それはそれは豪華な雛飾りがありとても羨ましく思っていました。

それでも母は、綺麗なきものを着せてくれたり雛あられをちゃんと準備してくれ、お祝いしてくれたことは幼心に嬉しかったのを思い出します。

一年の中でも、お誕生日に続いて楽しみな行事の一つでした。

 

せっかく女の子のお祝いですから、日本古来の楽しみ方をご紹介しましょう。

 

 

ひな祭りの由来

 

「女の子のお祭り」として今も盛大に祝われている雛祭り。

 

現在は新暦3月3日、まだ肌寒い早春に行われますが、本来は「桃の節句」の名の通り、桃の咲き乱れる旧暦3月3日(新暦4月ごろ)に行われるお祭りでした。

 

雛祭りは、中国から伝わった「上巳の節句」という儀式が形を変えて今に伝わったものです。

 

これは、旧暦3月の一番初めの巳の日(上巳)に、人々が水辺へ出て、みそぎを行う習慣があったことに由来する儀式でした。

 

もともと、日本には、季節の変わり目にみそぎをし、けがれを映した形代(かたしろ)を川へ流すという風習が古くからありました。

 

平安時代、宮廷の女性たちの間で人形(ひいな)遊びと結びついたのが、雛祭りの始まりと言われています。

 

 

京都、城南宮では、上巳の節句に「曲水の宴」を再現したお祭りを催しています。

平安装束の人々が宮内の平安の庭に流れる川に杯を流し、杯が流れ着くまでに和歌を詠みます。

とても高貴で、雅なお祭りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無病息災、良縁を願って飾られる「吊るし雛」。

江戸時代、立派な雛飾りが揃えられない庶民の間で広がりました。

天井から吊るされた、色とりどりの縮緬の布地で手作りされた雛飾りはとても美しく、愛らしいです。

それぞれの飾りには意味があり、親が子を思う心が込められていますいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縁起が良い食べものは?

 

野遊び、磯遊びの要素が強かった雛祭りのごちそうは、ちらし寿司などの「重箱」料理が中心。

 

筍や山菜などの食材は「芽が出る」ことから、女の子の成長を祈る縁起物として食します。

 

菱餅は白・緑・桃色の三色を彩った雛祭りの定番の和菓子。

実はその色にも意味があるのをご存じでしたか?

 

薬効があり厄除けにも用いられたヨモギの緑、

清らかさを表す白、

そして、魔除けと生命力の象徴であり女性らしさとがある赤(桃色)

 

と、それぞれの意味が込められています。

雛あられも、この三色。

見た目もとてもかわいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桃伝説

桃の節句と言いますが、なぜ桃が大事にされてきたのか?

 

桃は、古代中国から日本に渡来しました。

中国では、桃の木には体の中の悪いものを取り除く力があると信じられています。

日本神話でも、けがれを祓う神聖な花、お祝いの花として登場します。

 

古来より桃の花には、子供の成長を祝い、厄を払う意味があり、そこから雛祭りのに、桃の花が使われるようになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桃は花も可愛いですが、実も美味しいですよね。

ここでは、中国の桃伝説をご紹介しましょう。

 

中国では、桃はその味と香から桃源郷の仙人の果物とされ、長寿の象徴とされてきました。

「西王母の三千歳(みちとせ)の桃」という伝説があります。

 

西王母は、中国の伝説上の山、崑崙山に住むという美しい仙女。

時の帝に謁見し、お土産に桃を差し出しました。

 

帝は、その桃があまりに美味だったので、種を庭に植えようとしたところ、

それは無駄でありましょう。この桃は三千年に一度だけ身を結ぶのですから。」

と西王母が答えたそうです。

以来、その桃を「三千歳」といい、邪気を払い長寿をもたらすおめでたい果実とされました。

現在もその伝説にちなみ、西王母桃という品種があります。

伝説の桃ですから、ちょっと食べてみたいですよね。不老長寿、ぜひともあやかりたいです。

 

 

桃源郷を思い浮かべて・・・

 

最後に、「中国」「桃」をキーワードにした花紅緑柳を表現した、うっとりするような風景の漢詩をご紹介します。

 

読みながら想像してみてくださいね。

 

桃紅復含宿雨 (桃は紅にして復、宿雨を含む)
柳緑更帯春煙 (柳は緑にして更に春煙を帯ぶ)
花落家僮未掃 (花落ちて家僮(かどう)未だ掃わず)
鶯啼山客猶眠 (鶯啼きて山客猶眠る)
『田園楽』王維

 

桃の花は紅に咲き乱れ、夕べの雨露を含みいっそう鮮やかな色を見せている。

柳は緑に萌え、春霞を帯びて辺りはますます朧げでけだるい風情。

庭先に散り敷いた花も、召使は掃かずそのままにしている。

しきりにさえずる鶯にさえ気づかず山荘の主は春の夢の中である。

 

まさに桃源郷の雰囲気です。

雄大で幻想的な中国の空気が忙しい日常の時間を止めてしまうかのようです。

 

 

 

雛祭りの由来や伝説をご紹介してきましたが、なんと言っても、雛祭りの主役は女性。

可愛いお人形や、美しいお花、ご馳走に、お菓子・・・きゅんきゅんするもの満載です!

 

本格的に雛飾りを出してお祝いするも良し、日頃頑張っている自分にご褒美をあげるも良し。

ぜひ楽しみましょうね!

わたしは、専らピンク色の泡の出る飲みもので乾杯です♪